中小企業産学連携支援協議会が企画する、職業理解講座(以後 当講座)は就職活動を控えた学生の職業選択の視野を拡げるためのサポートを行うことを目的としています。

当講座は地元中小企業で活躍する人材が、自身が就いている職業に関しての哲学や行動の指標に沿って、魅力的に感じる事や困難な事を共有し、学生の職業教育を教育機関と協力して行うものとします。

学生はこの講座を通して、新たな業界や職業の発見により、就職活動時点において、目指す業界や職業の視野を幅広く持ち、自身の可能性を拡げることが出来ればと考えております。また、講師を務める社会人との出会いや、具体的な職業への理解を深め、今後のキャリア形成を考える機会となることを目的としています。

実施例①

ウェブマーケティング業界に所属する企業が、「今後益々、AI(人工知能)機械学習が発展する事を示唆すると、創るだけのエンジニアは必要とされなくなり、何を目的に開発するのか、どうすれば顧客の利便性や購買意欲を高めることができるのか、というようなマーケティング的な観点で見ることが出来るエンジニアが必要とされる」という事を踏まえ、情報工学部の学生に対して、マーケティング講座を実施しました。

参加学生による感想

  • 普段は技術系の内容ばかりでマーケティングについて学ぶ機会が無かったため、面白かったです。技術のみ、マーケティングのみ、だけではなく、それぞれ二つの考え方を持つことで、エンジニアとしての価値向上につながるということに気づくキカッケになりました。
  • 技術者にとってもマーケティングが必要であることがわかった。また、どのような過程を踏んで調査や分析を進め、自社の魅力をお客さんにアピールするのかを知る良い機会になった。
  • 大学では主に技術について勉強していますが、ビジネス寄りの内容にも興味があって、今回はマーケティングについて学ぶことができました。以前はマーケティングと聞いて、モノの売り方の戦略を練るという簡単なイメージを持っていましたが、今回の講座では具体的にどのようなことを行なっているのかということについて学ぶことができ、とても有意義な時間になりました。特にSWOT分析については、基本情報技術者という資格試験の範囲にあり、その学習をした際に単語については簡単に知っていたので、今回はもっと具体的な内容について聞くことができてとても良かったと感じています。私は将来的に技術寄りのことを行いたいと考えていますが、今回マーケティングについて聞くことができ、とても興味が湧きました。技術もマーケティングも、両方の知識を持つことが大切だと感じました。”マーケティング業界のエンジニア”についてもっと知りたいと思っています。有意義な時間を有難う御座いました。

写真:福岡工業大学 情報工学部にて

実施例②

4名の営業職として働く社会人をお招きし、パネルディスカッション形式でそれぞれの価値観を質問に対してご意見を頂きました。

一方の営業マンが提案力と商談件数を高めて契約を獲得するのに対し、もう一方の営業マンはお客様との関係性を築き、自身のファンを獲得した上で契約を獲得していくという、双方魅力的な営業マンが存在します。

しかしながら、就職経験のない学生はどちらか偏ったイメージを抱きつつ、自分に合いそう、合わなさそうという判断をしてしまいがちです。

この講座では、それぞれのやり方で営業活動を行う現場の声を聞くことができ、参加した学生からは、「営業職のイメージが変わった」「自分は営業に向いていないと思っていたが、営業職にも興味が湧いた」などという感想を多く頂きました。

参加学生による感想

  • 「頑張った」と言ったら何か嫌なことをやり続けたみたいな感じになるから、好きなことをとことん突き詰ていく大学生活を送ろうと思った。いつかやってみたいなと思っていることは大学生のうちにやってしまおうと思う。
  • 自分の思い描いている営業とは違う働き方で、それで今それぞれやりたいことがやれていたり、今日お話を聞かなければ知らない営業の世界を知れたりして、とても刺激的な内容でした。ありがとうございました。
  • 自分に営業なんて絶対に無理だと思っていたけど○○さんの話をきいて、お客さんのやってもらって嬉しいことを提案していったりこのお客さんがどうすると喜んでくれるかを考えている時間が楽しいという考えを聞いて自分も少し営業も見てみようかなと思った

写真:北九州市立大学 経済学部にて

職業教育の必要性

学生ひとりひとりが適切な就職を実現するためには、インターンシップ・就職活動前の段階で、企業と大学の連携のもと質の高い職業教育を実施することで、自分に合った職業の発見とこれまで見ていなかった職業への興味を引き出し、今後のインターンシップ・就職活動を実りあるものへと導くことができます。

中小企業との出会いの場を形成

企業が学生に対して職業理解を目的に講座(教育)を行うことで、就職活動を控えた学生は、より具体的に職業への理解を深め、新たな気づきから職業選択の幅を拡げることができます。また、講座を通して、これまで知らなかった中小企業との出会いの場を形成していきたいと考えています。

運営団体情報について